スマートなやり取りを覚えよう!キャバクラのハンドサイン

キャバクラのハンドサイン4つ

キャバクラ店内ではお客様の接客が何よりも優先されるので、女の子が一番やりたくないのが「話の腰を折る事」なんです。話題が合ってせっかく話が弾んでいるのに、おしぼりを交換して欲しくて、ボーイさんに

「あ、ちょっとすみません。ボーイさん!おしぼり交換!」

と声を上げるのは、話の流れをぶった切るので好ましくありません。

それにキャバクラの店内は人の話し声でガチャガチャしているので、女の子が声を張り上げてボーイさんを呼んでも聞こえない事もあるんですよね。

そこでキャバクラ店では「ハンドサイン」と呼ばれるサインを使います!野球のサインに似てます。キャッチャーがピッチャーに、さりげなく指で球種のサインを送っている感じかな?

フロア担当のボーイさんは「一人で複数のテーブルを担当していると、キャッチャーは俺一人なのに4~5人のピッチャーから同時に色んなサインを出されるみたいで大変だ」なんて言ってました。

本当にご苦労様どすえ。ボーイさんはほんまにえらい!

ハンドサインと言う名前の通り、キャバ嬢が自分の手を使ってボーイさんに色んな指示を送る事。お店ではこのハンドサインを何度も使うので覚えておくと便利です♪

1. お会計のハンドサイン

お客様がお帰りになる場合、ボーイに「お客様がお会計です」のサインを送らなければいけません。この場合、両手の人差し指を交差させてバツマークを作ればOKです。

これをキャバ嬢は「チェック」と呼んでいて、このサインを受け取ったボーイさんはお客様の会計をして伝票をテーブルに届けてくれます。フリー客が思うように延長してくれなかったりボトルを入れてくれなかったら「この人ダメでした~」って気分でバツマークを作ってしまいますね。

キャバ嬢は接客や営業だけに専念出来るようになっているので、お客様の飲み代をテーブルの上で電卓を使って計算するような事はしなくて良いです。

昔はお客様が飲み代を支払えないと担当しているキャバ嬢が肩代わりしないといけなかったようですが、今はクレカ払いの方もいて飲み代をツケにしたり踏み倒すような方はいませんね。

2. グラス・灰皿交換のハンドサイン

接客をしているとグラスや灰皿の交換は必要になってきます。でもグラスや灰皿交換のために女の子が席を立つ必要はありません。女の子は接客に専念する存在なので、ここはやっぱりボーイさんの出番!

まずお客様のグラス(ゲストグラス)を交換して欲しい時、お客様のグラスは女の子グラスよりも大きいので、片手の親指と人差し指を使って「L」の形にします。文字通りLサイズって事ですよね。

これに対して女の子用のグラス(レディースグラス)は小さめなので、片手の親指と人差し指で「ほんのちょっと」を表すサインを作ります。お菓子のつまみ食いをする時のような感じですね。指はくっ付けたらダメですよ!

灰皿の交換は女の子が両手で丸いお盆のような形を作ります。お客様が1~2本吸い殻を入れると灰皿はすぐに交換するように言われているので、大量に煙草を吸う方が来店されると常に灰皿交換のサインを出している感じですね。でも最近は煙草の値段も上がったので禁煙されているお客様も増えました。

3. おしぼり・アイス交換

おしぼりやアイスの交換も多いですね。おしぼりの交換は雑巾を絞るようなハンドサインでボーイさんに伝えます。おしぼりはテーブルの上を拭いたりお客様がトイレに行った後にお出ししたりするので、結構枚数を使います。

使い終わったおしぼりはきちんと畳んでテーブルの隅に置いていますが、お店によっては三角に畳むように言われる事もありますし、指示がなければ畳みやすい自分なりのやり方でOKです☆

アイスの交換はアイスペール(氷を入れている専用の器)に持ち手がついているので、それを持つイメージで片手を軽くグーにして下に向け、親指と小指だけを広げます。

4.指名のハンドサイン

「場内指名されました」と言う時は、人差し指でフロアを指さしすればOKです。「私はこのままこの席にいます」と言う感じですね!指名されたわけですから、移動する必要はないので覚えやすいと思います。

まとめ

ハンドサインは一見難しそうですが、「なぜそのサインを出すか?」と言う理由を考えると覚えやすいです!それにあまり種類も多くないので、仕事をしている間に自然に覚えていきますよ。

ご心配なく♪

【積み重ね!】指名されるキャバ嬢になるためのコツ3選!

指名されるキャバ嬢になるための3つのコツ!

キャバ嬢として成功するには、固定客と呼ばれる自分のファンを開拓しなければなりません。ファンを作るにはまず指名してもらわないと話が先に進みませんよね。

「ナナちゃんが良いんだよ」と指名してもらえれば固定客獲得にそう時間は掛からないはず。

ここでは、指名される愛されキャバ嬢になるコツを3つ伝授します!ぜひ参考にしてみてくださいね☆

1. あなたは特別だということを伝える

キャバクラに遊びに来てくれるお客様の中には、女の子と特別な関係になりたいと望んでいる方もかなりいます。特別と言っても恋人同士になるわけじゃなく(中にはそういう願望をもっている方もいますが……)他のお客様より少し対応が丁寧だったり共通の秘密を持っていたりすると、それだけでドキドキしてもらえるんです!

「あなたは特別」を演出するためには、「ブランドに詳しい山田さんだから是非相談したいです。今度ヴィトンのバッグを買おうかなと思ってるんですよ。でもどのバッグが良いか分からなくて…」「これは私と伊藤さんとの秘密ですよ」など、「あなただけにお話ししますよ/是非あなたに話を聞きたいです」と念押しして会話をすると特別感が出ます!

人生相談にのってくれるお客様は多いのですが、「最近彼氏と上手くいってない/彼氏が冷たい」と恋愛相談はNG!

お客様の中には「あわよくば女の子と付き合えるかも」と期待している方もいますし、他の男性の事を話題にすると不機嫌になる方も結構いるので、彼氏の話は止めておきましょう。

2. お客さんと話したことを覚えておくこと

これ、すごーーく大事です!初めて会った方の事ってどんどん忘れてしまうじゃないですか?でもキャバ嬢はそれじゃダメなんです!

一度会ってお話した方の事はメモに取っておいて(ナナはお客様ノートをつけてます)、次回会った時に「山登りが趣味の後藤様ですね」「お久しぶりです。巨人ファンの岩崎様ですよね?」と声を掛けると話が弾みます。話をしている間に思い出す事もよくありますけどねw

お客様とお話する時は、やっぱりお客様の趣味や休日の過ごし方などが話のメインになります。もちろんお話がノると恋愛論だったり結婚観、人生相談なんかの話へ飛んでいくのですが、そこまで話が出来るお客様は相当親しい証拠。

そこまで親しくなるまでにはまず「指名」してもらえないと話になりません。だからお客様との会話のきっかけになる話題はとっても大事なんです!

お客様と楽しく会話するには、前回話した内容をある程度覚えておいて話題を振ること。お客様としても「僕の事、覚えてくれてたんだな~」と嬉しくなりますよ♪

3. お客さん名前を呼んであげる

お客様を呼ぶ時に「お客様」と呼ぶか「佐藤様、佐藤さん」と呼ぶか、この両者には違いがあります。「お客様」と呼ばれると何となくキャバ嬢とお客様の間に壁があるように感じます。よそよそしい雰囲気ですよね。

「お客様」と呼ばれれば確かにそうなのですが、これだと親密な雰囲気にはなれません。

そこで私は、まずお客様のお名前を聞いて「じゃあ、山田様と呼んでよいですか?」と名前の呼び方を確認します。

お客様の名前を聞いて急に名前で呼んだとしても、「失礼だな」と怒る方はいないのですが一応聞くようにしてます。そのうち何度か指名して頂くと自然に「山田さん」と呼び方が変わっていたりします♪本当に親しくなると「山ちゃん☆」に変化するんですけどね。

馴染みのないお客様と距離を詰めようとして、初対面でいきなり「山ちゃん☆」と呼ぶ女の子もいたりしますが、中高年の方だと「何て馴れ馴れしいんだ」と不愉快な気分になる人もいるんです。せっかくキャバクラに来たお客様の気分が悪くなるようでは申し訳ないですよね。必要以上に親しさを強調しようとするとコケます。プロセス大事ですよ!

【気になる!】キャバ嬢の給料ってどれくらいもらえるの?

キャバ嬢ってどれくらい給料もらってるの?

キャバ嬢のお給料については、ぶっちゃけ「その人による」としか言いようがないです。所属するお店の立地や人気度も年収に影響あるので、何も言えません。ただ人気店のキャバ嬢だとフリー客も多いから稼げるチャンスはかなり大きいです!

でもこう書くと「全然参考にならないじゃん!」ってなるから、平均的なキャバクラの時給で計算してみました。

ネットで調査した所、一般的なキャバクラの時給は約3,000円となっていますので1日5時間、週4日働くと4週(約1か月)で約24万円の収入になります。思ったよりも高い収入になると感じた方もいるのではないでしょうか?

地方の新卒OLさんだと手取り10万円ちょっとしかお給料がない、なんて話も聞くので、週4日5時間勤務で25万円近い収入になると魅力的ですよね?

でも収入から源泉徴収されたり必要経費を差し引かれると手取りはグッと減ります。全額もらえるわけではないので要注意ですよ!

キャバ嬢の平均年収ってどれくらいになるの?

キャバ嬢が上記のような条件で働けば、年収は約288万円になります。
https://heikinnenshu.jp/other/kyabakura.html
【※リンク先:平均年収.jp】

これもネットでの調査ですが、キャバ嬢の平均的な年収は約300~600万円になるようでかなり幅がありますね。人気カリスマキャバ嬢は(愛沢えみりさんなど)年収が億単位になってしまうようです……!

億単位になると金額の想像もつきませんね。

勤務するお店で一番稼いでいる女の子が、誕生日イベントで500万円売り上げたと言う話を聞いた事があって驚いた事があります。

愛沢えみりさんのようなカリスマキャバ嬢ではなく「売れっ子キャバ嬢」でも年収は数千万円いくかもしれませんね。普通の会社員の平均年収が500万円前後なので、数千万円の年収ってかなりビックリですよ!

特別な資格やキャリアのない女の子が頑張っても、そんなに稼げないのが常識ですよね?でもキャバ嬢は違うんです。

頑張り次第で高額な収入が得られる仕事なので、やる気や野心のある女の子には最適☆私も大学生なのにブランド物のバッグや靴、洋服が買えるのはこのバイトのおかげ。感謝してます♪

自分が頑張った分だけお金としてもらえるのがキャバ嬢というお仕事

キャバ嬢の世界は完全実力社会。学歴や出身地に左右されず、自分の魅力(ルックスや話術など)だけで勝負出来るすごく平等な世界です。自分の魅力をフルに使って、頑張った分だけしっかり報酬がゲット出来るのがキャバ嬢のお仕事です。

綺麗な女の子ならその美しさに磨きをかけてもっとたくさんのお客様を獲得出来るでしょうし、話術が得意なら楽しいトークでお客様を魅了すればいいのです。

キャバクラ店を舞台にしたプチ芸能人のようなものですよね。プチ芸能人なので、普通の人よりも肌や髪、爪のお手入れは入念に。ヘアメイクもバッチリ決めて「私を見て」って堂々と振舞えばいいんです!

もちろんキャバ嬢が上から目線の接客をしているとお客様がつかないので、話術を磨き笑顔を作ってどんどんファンを増やしましょう!笑顔で元気に接客すればするほど、もらえる報酬だってアップします。

この仕事をしてると「あー、キャバ嬢って本当に大変だな~」と思っちゃうことも多いですけど、報酬の事を考えるとやる気が湧いてきますよ!

【意外と大事】同伴とアフターってどうすればいい?メリットは?

そもそも同伴とアフターの違いってなに?

新規でやって来たフリー客(まだ誰もお気に入りのキャバ嬢がいないお客様)をいかに自分のファンに変えていくかが、キャバ嬢成功への鍵です!

自分のファンが増えれば「ナナちゃんと話をしたい」「ナナちゃんと一緒に飲みたい」とお店に集まってくれますし、当然ですが売り上げも上がります。キャバ嬢は最終的に、自力で売り上げを作っていく仕事なのです。自分の魅力で売り上げを作る、となると芸能人とちょっと似てますね☆

自分のファンを増やすために有効なのが、営業メールや同伴出勤(同伴と略します)、アフターです。特に同伴はお店のスタッフから「よし!良くやった!」と褒められますのでちゃんと覚えててくださいね☆

そもそも同伴ってなに?

同伴出勤は、キャバ嬢とお客様がお店の開店時間に合わせて一緒にお店に行く事です。キャバ嬢から見ると出勤なので同伴出勤と呼ばれています。キャバ嬢が馴染みのお客様をお店に連れて来るわけで、これは自力で売り上げを作る事と同じ。

キャバクラ店は開店時、閑古鳥が鳴いてる状態なのでお客様を連れて出勤してくれたキャバ嬢の営業力はきちんと評価してくれますよ!営業成績になりますし、バックだって後でバッチリもらえちゃいます☆

同伴の手順は、まずお客様とデートの約束をします。お店のオープン1~2時間前にお客様とお店の近くのレストランやお寿司屋さんなどで会ってお喋りを楽しみ、お店が開店するのを見計らって2人で出勤する流れです。

遊び慣れたお客様だと「開店前に一緒に食事がしたいな」とメールを送ると「ああ、同伴だな」と分かってくれるのですが、遊び慣れていない方だと「え?一緒にお店に行かなきゃいけないの?」とビックリしたり機嫌が悪くなる方もいます。少数派ですけど……。

じゃアフターは?

アフターは、閉店後にお客様と一緒に食事やお酒を楽しむ事です。「え?仕事が終わってもまだお客様に付き合わないといけないの?」と感じる人もかもしれませんね。

確かにアフターは残業代が出るわけでもなく、お店の送りも利用出来ないので大変です。(だいたいお客様がタクシー代を出してくれますが……)

女の子の中には「絶対アフターは嫌!!」って子もいます。

でも「このお客様とは絶対仲良くしておきたい!」方っているじゃないですか?いかにもお金持ちって感じのお客様や、イベントに良く顔を出してくださるお客様はガッチリ掴んでおかないとダメ。もしかすると太客(予算をたくさん持った良いお客様)になってくれるかもしれません。

そこでお店が終わった後にナナの方から声を掛けて「閉店後に一緒に飲みましょ♡」と言って誘います。こう誘うと断って来るお客様はほぼいませんね。女の子から声がかかると、男の人ってだいたいホイホイ乗って来るんです。

ナナの場合は「どうしても仲良くしておきたい」方だけ声を掛けますが、お店の中には「出勤すると必ずアフターする」って子もいて凄いなと思います。そういう子はパワーがあるので営業成績も良かったりしますよ!

同伴とアフターそれぞれのメリットって?

同伴もアフターもちゃんとメリットがあります!まずお客様から見れば、店外デート代やお店での飲み代は掛かってしまうのですが、お気に入りの女の子を数時間でも独占出来るので満足感は高くなります。

「大好きなナナちゃんと一緒に食事が出来た。良かった、楽しかった」と言う体験はお金に代えられませんからね。

女の子にとって同伴出勤はお店から「君は営業力がある」と認められる事になり、報奨金もしっかりゲット出来ちゃいます♪営業成績は翌月の時給額にも反映するので、少しでもお金を稼ぎたいなら1件でも多く同伴すべし。アフターは、同伴出勤に繋げる下準備と考えれば我慢出来そう。

お店から見るとアフターは直接の利益になりませんが、同伴出勤は女の子がお客様を連れて来てくれるので売り上げに繋がります。

こう考えると同伴やアフターはお客様・女の子・お店の3者にメリットがあるんですよ!☆

同伴やアフターの断り方

お客様や女の子にメリットのある同伴・アフターですが、中には「このお客様とは絶対一緒に飲みたくない!」って方からもお誘いを受ける事があります。そんな時の上手な断り方をまとめました!

同伴の場合

同伴は営業成績になるので出来るだけ受けた方が良いのですが、どうしても「この人はダメ」って時は……

  • 学校や昼職の都合があって開店前には行けないなど仕事や学校の都合にする
  • 親の介護をしている、親兄弟が入院しているなど家族の都合のため
  • お店の開店前に営業ミーテイングがあるとお店の理由にする
  • 友達と約束があるから無理、と先約があると言う

間違っても「お客様がキモいから」「貴方は嫌い」と本音を言ってはいけません。お客様以外の理由にするのがコツですよ!

アフターの場合

アフターも基本は「お客様以外の理由にする」のが基本。夜遅くなっているので、以下のような理由はどうでしょうか?

  • 家族と同居しているので、門限が厳しい(門限破ったらキャバクラを辞めないといけないと理由を付ける)
  • 明日は朝早くから学校があり、仕事がある(休出)と言って断る
  • 体調不良で今日は早く帰りたい

体調不良が理由だとお客様も強く言えないので、良い断り方だと思います。断るときの参考にしてくださいね☆

 

せっかくなので、京都のキャバクラ求人を見てキャバクラってどんな感じなのかなってイメージをするといいと思います♪ よかったらぜひチェックしてみてください!

キャバ嬢として売れるための営業メールの送り方のポイント!

営業メールは個別で送るべし!

キャバ嬢は色んな方法でお客様をお店に呼び込まなくてはなりません。キャバ嬢と聞くと「お客様に水割りやお湯割りなどのお酒を作って適当にお喋りすればいい」……と思っていませんか?

もちろんお酒を作ったりお喋りするのは大事な仕事(接客)なのですが、接客と同じくらい大事なのが営業です!

お客様をお店に呼び込むためには、新規のお客様を自分のファンに変えていく必要があります。

「今夜はナナちゃんに会いたいな」「ナナちゃんのためなら同伴出勤だってOKだよ」と言ってくれるファンをどれだけゲット出来るかがとっても大事なんです!!

ファンを増やすために有効なのがメールやLINE、電話ですね。お客様とメアドや電話番号を交換しておき、閉店後に「今日はありがとうございました。また遊びに来てくださいね♡」とお礼のメールやLINEメッセージは忘れずに送っておきます。

人間やっぱり感謝されると気分も上がりますよね?特に若い女の子からもらったメールは、営業と分かっていても嬉しかったりします。

でも営業メールを送る時に注意しなければならないのが「メールの一斉送信機能は使わない」ということ!一斉送信だと一度に100通くらいのメールを送信出来るので本当に便利なのですが、受け取った相手はすぐに「コピペメールだ」と気が付いてしまいます。

その理由は……、

  • 文中に自分(お客様)の名前が一切出て来ない
  • 誰が読んでも良さそうな一般的な話題しかない

メルマガのようなメールを読まされても時間の無駄かも……。お客様によっては不愉快な気分になるかもしれませんよね?

あきらかにコピペメールだと思われると、本当に読んでもらいたいメールを開封前にゴミ箱に捨てられてしまうかもしれません。

ナナは一斉送信メールは送らずに、短い文章でもお客様一人一人にメッセージを作成して送ってます!その方が受け取る側も気持ちが良いですからね☆

お店にきてくれたお礼の言葉を入れる

営業メールはお店に遊びに来てくれた方、そしてメアドの交換が出来た方には必ず送っています。

あまり時間が経つと「誰からのメールかな?」とキャバクラに行った事すら忘れられてしまうので、とにかく出来るだけ早くお礼のメールを送るようにしてます。

1週間・2週間経ってお礼のメールをしても「何で今さら?」と思われるので、お礼メールは早めに送るのが鉄則!お客様が来店された翌日には、忘れずに感謝のメールを送信するのがマイルールです。

お金を使ってわざわざお店に来て頂いたわけですから、「ありがとうございます」の言葉を送るのは当然ですよね?この時、馴染みのお客様なら「ありがとね♪」とフランクなメールでも良いのですが、全く馴染みのない方にに突然「おおきに☆また来て♪」では馴れ馴れしすぎるので「ありがとうございます」と、丁寧な言葉でメールを送るようにしてます。

ストレートに「お店に来て!」はダメ!

メールを送る目的は営業なので、メールの内容は「お店に来て!」なのですが、ストレートに「来週の金曜日に割引イベントがあるから来て」では、メールを受け取ったお客様はどう感じるでしょうか?

フランクに何でも話せるお客様なら「来週は浴衣イベントがあるから遊びに来てね☆」でも良いかもしれませんが、あまり親交のないお客様にいきなり「お店に来てね」では失礼になってしまうことも。

この場合、いきなり営業メールにするのではなく「〇〇さん、この前お話してくれた映画の話がとても面白かったから、またお喋りしたいです」と、お店に来て欲しい理由をきちんと書くのが無難です。

「もし来店してくださるなら、来週の金曜日はボトルが半額になるのでお得ですよ!タイミングが合うならこの日を狙ってくださいね☆」などと書けば自然ですね。

キャバ嬢は自分の本音を隠して、いかにお客様をお店に呼ぶかを常に試されています。キャバ嬢は言いたいことを好きなだけ言える仕事ではないんです。でも本音が言えるような親しいお客様を育てるのも楽しいですけどね♪

お休みの日にキャバ嬢のプライベート感を出した営業メールが効く!

営業メールは営業色を出来るだけ抑えて、いかに「お店に行きたい/ナナちゃんに会いたい」と思わせられるかが鍵です!なので、お休みの日に「プライベート感を出したメール」を送ると、お客様の好奇心を刺激して「あの子に会いたい」と思わせることができますよ♪

例えば、「お休みの日にネイルサロンで綺麗なネイルアートを施してもらったよ♪すごく素敵だから〇〇さんにも見せたいな~」「今日はプールで泳いだけど、日焼けしちゃって肌が小麦色になっちゃった。

〇〇さんに、私の肌を見せてあげようかな?ミニドレスで待ってるね♪」など、プライベートを織り込んだメールを送ると特別感が出て喜ばれます。

もちろん一斉メールではダメ。きちんと相手の名前を入れて個別にメールを送るのが基本です!「一斉メールかな?」と疑われると二度と相手にしてくれないお客様もいますからね。

誕生日にメールを送るのも効果的!

お客様の誕生日にお祝いメールを送るのもかなり効果的です!ナナはお客様の誕生日などのデータをまとめた「お客様ノート」をつけているので、分かる範囲で誕生日も聞くようにしてます。

もちろん「そんなの教えたくない」って方もいるので、無理に聞くのはNG×。

営業のためとは言え、根掘り葉掘りお客様の事を聞くのも失礼ですからね。

会話の中で出てきた情報を時間のある時にサッとメモして、その情報を元にメールを送ったり誕生日のお祝いメッセージを送るようにしてます!キャバ嬢はある程度マメに営業メールやメッセージを送るようでないと、なかなかお客様がつきません。

せっかくなので、京都のキャバクラ求人を見るとキャバクラはどんな感じかをイメージできると思います♪ よかったらぜひチェックしてみてください!