体験入店ってなに?京都のキャバクラは体験入店できる?

そもそも体験入店って?

キャバクラで働いた事のない女の子は「キャバクラって怖い所じゃないの?」「変なお客さん来たらどうするの?」「変なコスチュームを着せられて接待させられるんじゃない?」と心配な事はたくさんあると思います。

ナナも最初は「キャバクラって変なお店じゃない?」と風俗店とごっちゃにしてました。

でも実際に働いてみるとお酒を作ってお客様を接待するお仕事で、風俗店ではないと知って安心しちゃいましたよ。でもキャバクラ未経験の女の子からすれば心配なのは当然。

だからキャバクラ店では「体験入店」と言うシステムを採用している所が多いです。

体験入店とは、お試し入店のこと。本格的にお店で働く前に一晩実際にキャバ嬢として働いてみて「うん!これならやれる」と思えるか、「私にはちょっと無理」と感じるか実際に体験できるんです。

未経験の女の子は必ず体験入店でお店の雰囲気や客層、仕事の内容をチェックしておいてくださいね☆

体験入店に必要な持ち物は?

体験入店で必要な持ち物は以下のようなものになります。

  • ストッキング(色などはお店の指定色を聞いておいてください)
  • ヌーブラ(ドレス着用のお店では必須)
  • ハンカチ(お客様のグラスを拭くのに必要。子供っぽいキャラクター物は×)
  • メイク道具(お酒を飲んでいるとメイクが落ちるのでメイク直し用に)
  • ポーチ(メイク道具やスマホ、名刺を入れるために必須。レンタルしてくれる所もあります)
  • ライター(お客様の煙草に火を付けるため。お店で貸してくれる事もあります)

他にもドレスや靴が必要ですが、お店でレンタルしてくれるケースもあるので確認してみてください。他にも身分証明書(運転免許証やパスポートなど)、名刺れ、ペンなどが必要な場合もあります。

上記で大体こと足りるかとは思いますが、
キャバクラの本場・六本木での体験入店について書かれたこちらのサイトも参考にしてみるといいでしょう。
https://bigoliveapp.org/inexperience/
【リンク先:未経験者必見!六本木キャバクラで面接・体験入店する際の髪型、服装】

京都に限らずキャバクラは体験入店するのがほとんど

これは京都に限らず他のエリアでも同じですが、キャバクラ店はほとんどのお店で体験入店が出来ます!

キャバクラ経験者の女の子でも、やっぱりお店の雰囲気や立地、お客様の年齢層(客層)、スタッフの対応、女の子同士の雰囲気など細かい点をチェックしたいもの。

女の子同士の雰囲気が悪いお店、スタッフが乱暴なお店だと、どれだけ時給が良くても働きにくいですもんね。

いきなり正式な入店(本入店)はせずに、まずは体験入店から始めるのが無難ですよ!

でもここで注意した事があります。面接が通れば体験入店に進めるのですが、体験入店で女の子が「是非このお店で仕事がしたい!」と思っても、お店のスタッフが「今回は縁がなかったと言う事で…」と断ってくるケースもあるんです。

体験入店は女の子がキャバクラでちゃんと働けるかどうかを「女の子自身が」チェックするのはもちろん、お店のスタッフ側も「体験入店の女の子は、うちのお店でちゃんと働けそうかどうか」をきちんと確認しているんです。

だから期待通りに入店出来ない事もあるので注意してくださいね。「絶対入店出来る」と思い込んでいるとやっぱりショックですからね。

体験入店のやり過ぎには気をつけて!

色んなお店で体験入店を何度も繰り返すと「体入荒らし」ではないかとお店の方から警戒されます。体入荒らしとは、本入店する気もないのに何度も体験入店を繰り返す女の子の事。

体験入店はタダ働きではなく、働いた分の時給がしっかり支払われるのでちょっとしたお小遣い稼ぎになります。

だからそれを狙って色んなお店で体験入店を繰り返す女の子もいるんですね。狭いエリアでお店を荒らす女の子はすぐに噂になってしまい、他のお店で面接を断られたり本入店を拒否される事も。

もし特定のキャバクラに所属せずキャバクラでお小遣い稼ぎしたいなら、派遣キャバ嬢として活躍するのがおススメ!派遣会社と契約し、日替わりで色んなお店で働けるので便利です。

もちろん体入荒らしにはなりません。この方法ならいつでも好きな時に働けて休みたい時はしっかり休めるのでおススメですよ♪